News
ニュース

いちのせきシェイクアウト訓練が行われます。

6月14日は、2008年に岩手宮城内陸地震が発生した日です。

一関市では、この地震を教訓とし、地震災害に対する防災意識の向上を図るため、
「いちのせきシェイクアウト訓練」を行います。

 

地震発生時、激しい揺れに襲われ、何かが落下してくる場合に備え、

参加者全員がその場で自分の安全を図る行動を実践する訓練です。

↓一関市HPより

https://www.city.ichinoseki.iwate.jp/index.cfm/30,136068,64,html

 

◇対象は、市内で参加できる全ての人。

◇場所は、市内全域です。自宅、学校、職場など、その時間に各々がいる所で実施してください。

◇日時は、6月14日(金)午前8時43分 (※岩手宮城内陸地震が発生した時刻)

 

時間になると、FMあすも、屋外広報マスト、藤沢告知放送から、
市内で震度6弱の揺れが発生した想定で、訓練開始を伝達します。

※FMあすもの自動起動放送は行いません。

 

訓練開始の合図を耳にしたら、それぞれの場所で3つの安全行動
「 ⓵まずひくく ⓶あたまをまもり ⓷うごかない 」をとってください。

 

その後、各自で、周囲の落下危険の確認や、災害時の集合・避難場所の確認など、
災害への備えを確認してください。

 

岩手・宮城内陸地震や東日本大震災での経験をもとに、家族、職場や学校などで防災について話し合う機会にしましょう。

 

FMasmo開局12周年特別番組のお知らせ

2012年4月29日に開局したFMasmoは、今年で開局12周年を迎えます。

 

FMasmoでは、4月29日(月)特別番組をお送りします。

朝10時から夜8時まで。10時間の生放送。

FMasmo開局12周年特別番組「always beside you いつもあなたのそばに」

 

まず、オープニングパート、午前10時から午後1時までは、

白石美佳・嶋沙知子・小野寺香乃が登場します。

先日公開収録した「女子たちのつぶやき」の特別編も11時台にオンエアします。

 

続いて午後1時から3時までの2時間。

出演は、森英隆 佐藤恒弥 中澤大伸 那須川大樹 来田祥太郎。

たまたま30代の5人のメンバーが、30代ならではの想いを熱く?語ります。

 

そして、午後3時からの出演は、塩竃一常・青木環実・佐藤嘉信。

このパートでも、先日行われた「塩竃一常GETKING!!公開収録」の様子を交えてお送りします。

 

また、夕方6時からエンディングまでの間は、

塩竃一常と白石美佳をナビゲーターに、当日参加のパーソナリティが続々と出演します。

 

番組では、もちろんプレゼントが当たるチャンスもありますよ。

12周年のFMasmo。開局のころからお聴きの方も、最近になって聞き始めたという方も、

FMasmoへの想いをメッセージに添えてご参加ください。

応募方法は、番組内でご案内します。

 

4月29日(月)朝10時から夜8時まで。10時間の生放送。

FMasmo開局12周年特別番組「always beside you いつもあなたのそばに」

お楽しみに!

FMasmo開局12周年記念 公開収録イベントのお知らせ

FMasmoでは、4月20日(土)午後、

一関市千厩町の「千厩酒のくら交流施設」において公開収録イベントを開催します。

 

◆第1部は、13:00から。こちらは、事前ご招待制(すでに申し込みは終了)となっています。

白石美佳・嶋沙知子・小野寺香乃の3人が登場する「女子たちのつぶやき」の公開収録です。

◆第2部は15:00から。こちらは事前申し込み無しで自由に観覧いただけます。

塩竃一常・青木環実・小野寺智隆が登場する「塩竃一常GETKING!!」の公開収録です。

※開場は14:45頃からとなります。

 

 

なお、いずれの収録も、畳敷きの部屋で座布団での着席となりますのでご了承ください。

この日、会場では、FMasmoグッズの販売や、4月発行の新タイムテーブルの配布も予定しています。

あわせて、千厩酒のくら交流施設内の「KURA家」や「珈琲樂」などもご利用ください。

 

たくさんのご来場をお待ちしております♬

「女子たちのつぶやき」公開収録イベント開催!(受付終了しました)

FMasmo開局12周年記念「女子たちのつぶやき」公開収録イベント開催のお知らせです。

YOURSとCOLORFUL担当の女子3人の交換日記をのぞき見!「女子たちのつぶやき」。

YOURS担当の嶋沙知子・小野寺香乃と、COLORFUL担当の白石美佳。

この3人が書いている交換日記の内容をそのまま紹介するコーナー。

「女子つぶ」の愛称で親しまれ、おかげさまでスタートから4年半となりました。

このほど、女子つぶメンバー3人がスタジオを飛び出し、公開収録イベントを開催します!

 

 

この公開収録イベントに、抽選で20名様をご招待いたします!

 

開催日時|4月20日(土) 13:00~14:30

会場  |一関市千厩町 千厩酒のくら交流施設

出演  |白石美佳 嶋沙知子 小野寺香乃

入場特典|「女子たちのつぶやき」オリジナル缶バッチ

応募〆切|4月11日(木)23:59まで

応募方法|メールかFAXで。ラジオネーム/お名前/ご住所/電話番号/メールアドレスor FAX番号を記載してください。

✉ 795@fm-asmo.co.jp  FAX 0191⁻48⁻3364

スマートフォンのアプリや公式ウェブサイトの投稿フォームからも応募できます。

 

<注意事項>

*抽選後、当選された方には、4月12日(金)中にメールor FAXでご当選をお知らせしますので、

スマホ・携帯のアドレスで応募の方は「@fm-asmo.co.jp」からの受信ができるように設定してください。

*当選通知メールが届かない場合は落選となります。

*イベントは当選者以外の観覧はできません。ただし、小学生以下のお子様の同伴は可能です。

*当日は本人確認のため、当選メールをご提示ください。(プリントor 画面)

*客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承ください。

*収録中の写真撮影および録音はご遠慮ください。

 

たくさんのご応募をおまちしております!

2024年4月改編について

いつもFMasmoの番組をお楽しみいただきありがとうございます。

FMasmo制作の番組は、4月以降も大きな変更はありません。

引き続き変わらぬご愛顧ご聴取をよろしくお願いいたします。

※紙媒体でのタイムテーブルの発行は未定です。決定次第Web上でご案内します。

 

なお、再送信番組(J‐WAVE)については、以下の通り変更があります。

くわしくは、J-WAVE 81.3 FM RADIOをご覧ください。

 

【新番組】『THE UNIVERSE』月~木 27:00~29:00

ナビゲーター:月/安藤裕子 火/大橋トリオ 水/大貫妙子 木/岸田繁(くるり)

穏やかな眠りへといざなう曲。鮮やかな景色を思い出す曲。聴く者を不安に陥れる曲。音楽の専門家が独自の解釈、感性で選曲したSong Listに、シンプルなトークを添えてお届けする深夜プログラム。
月/安藤裕子 火/大橋トリオ 水/大貫妙子 木/岸田繁(くるり)の4名が日替わりで、音楽の魅力を存分に堪能させてくれるプログラムです。

 

【新番組】『LOGISTEED RADIONOMICS』金 22:30~23:00

ナビゲーター:佐々木久美(日向坂46)

世の中の仕組みや動きを、経済の角度で見つめるラジオ番組が金曜夜にスタート。
日向坂46のキャプテン 佐々木久美が、ビギナーの目線と視点を大切にしながら、貯蓄や投資などを実践的に真剣かつ楽しく、知識を蓄えながらリスナーの皆さんと一緒に学んでいきます。

 

【新番組】『HAPPYEND FRIDAY』金 23:00~23:30
ナビゲーター:SHISHAMO

幅広い世代から絶大な支持を集めるスリーピースロックバンド・SHISHAMOの新番組がスタート!10年を超える活動を経て、さらに支持を広げる彼女たちの“今”をリスナーの皆さんと共有します。
週末の始まりである金曜日、彼女たちが「週末に行きたい場所」をプレゼンテーション。メンバーが実際に街に赴き、グルメ、ニュースポットなどをレポートします。これを聴けば週末の達人に?!

 

【新番組】『FAV COLLECT CLUB -OMIYUNO SUKI SHU SHU CLUB-』金 26:30~27:00

ナビゲーター:小谷実由

Podcastの人気プログラム『おみゆの好き蒐集倶楽部』が満を持してJ-WAVEオンエアに進出!
ナビゲートする「おみゆ」こと小谷実由は、執筆業でも活躍する人気モデル。SNSなどで自身の好きなもの・ことを発信していることでも注目を集めています。そんなおみゆが、毎回ゲストの「好き」を深掘りし、それぞれの考えやアイデア、思い出を大切に蒐集していきます。

 

【新番組】『WEEKEND VIBES』土-日 5:00~6:00
ナビゲーター:DJ TARO

『SATURDAY NIGHT VIBES』で土曜の夜をアゲ続けてきたDJ TAROが、週末の朝にお引越し。
あなたの心も体も動かします!
週末をアクティブに過ごすTipsやイベント情報を、元気が出る音楽とともにお届けします。

 

【新番組】『LIFE PLAZA PARTNERS LETTERS TO YOUR PRECIOUS』土 7:50~8:00

ナビゲーター:秀島史香

書籍『届かなかったラヴレター』シリーズの中から毎週1篇のエピソードをセレクトし、ナビゲーター・秀島史香の心地よい声で朗読します。朗読エピソードにピッタリの楽曲も合わせてオンエアします。

 

【新番組】『RECOMENTA』土、日 18:58他、全11枠

ナビゲーター:Vie Vie

「LIVE」「FESTIVAL」「ART」「MOVIE」「MUSICAL」「SPORTS」「FOOD」など、東京は数多くのエンターテインメントで溢れています。多岐にわたるジャンルのイベント紹介を通じて、リスナーのみなさんの知的好奇心を刺激する週末限定のショートプログラムです。

 

【新番組】『MASSIVE HISTORIA』土 24:00~25:00

ナビゲーター:詩羽(水曜日のカンパネラ)

この世界に存在する万物・事象は、驚きや感動を秘め、聞いて思わずバンザイしたくなるような物語が存在します。本番組は、「森羅万象」をテーマに、知っているようで知らなかった歴史や情報を楽しく学ぶ、カラフル歴史バラエティです。

 

【新番組】『EARLY GLORY』日 6:00~9:00

ナビゲーター:小林涼子

「EARLY & POSITIVE」をキーワードに人と繋がり、心地よくいられるヒントを探す3時間。ナビゲーターは農業ビジネス企業の代表でもあり、ドラマにはバイプレイヤーで引っ張りだこな俳優・小林涼子を起用。休日の早朝時間をアクティブに前向きに過ごす人たちと、ちょっと先の未来に聞き耳を立て、輝くような日曜の朝をデザインする番組です。
未来を担うこどもたちが過ごしやすい社会を実現するためのJ-WAVE「こどもみらいプロジェクト」とコラボした連動コーナーも。

 

【新ナビゲーター】『SONAR’S ROOM』月-木 23:20~23:35

ナビゲーター:離婚伝説(月曜)、Haruy(火曜)、MONONOKE(水曜)、グソクムズ(木曜)

 

【新ナビゲーター】『THE KINGS PLACE』月-木 25:00~26:00
ナビゲーター:ヤングスキニー(木曜日)

 

【時間移動/リニューアル】『TOKYO M.A.A.D SPIN』金 27:00~29:00/土 25:00~29:00

TOKYOのクラブシーン、カルチャー、トピックスをキーパーソンとともに発信してきた深夜の人気プログラム『TOKYO M.A.A.D SPIN』が、週末型プログラムに形を変え、内容もより多彩にパワーアップ! <様々な世代をつなぐTOKYOのカルチャーの発信拠点>として新たなスタートを切ります。

各界のシーンを牽引してきたキーパーソンから話題の若手まで、世代を越えて繋がることで、TOKYOのカルチャーシーンをより刺激的でワクワクさせる情報やアクション満載で盛り上げていきます。

 

AIを活用した、新しい「防災情報システム」を導入します。

FMasmoでは2012年の開局以来、地震や火災発生の際、24時間365日「生放送」で関連情報をお伝えしています。

自社番組制作の時間はスタジオから放送し、それ以外(深夜帯)は、アナウンサーが自宅から機械を遠隔操作して放送するという方法をとっていますが、その場合、情報収集→機械を遠隔操作→放送という手順をとるため、情報をお伝えするのに数分のタイムラグがありました。

 

そこで、情報発信をより迅速化するため、2024年3月下旬以降、AI(人工知能)を活用した、新しい「防災情報システム」を放送に導入します。

 

使用するのは、株式会社アイダスが開発した「緊急防災情報自動カットインシステム」です。

これは、気象庁や関係機関が発表する防災情報を専用のクラウドで受信し、辞書機能を持つAI技術を活用して、自動で合成音声を生成。局のシステムに連動して割り込んで放送するものです。

 

従来の「アナウンサーが機械を遠隔操作し放送する方法」と比較し、数分早く「第1報」をお伝えすることが可能となります。(例:地震の場合、同じ機関からのデータを使用しているテレビ各局の地震速報テロップとほぼ同じタイミングでアナウンスが流れます。)

 

■運用開始時期は、3月下旬から4月上旬の間です。

 

■放送内容は、一関市・平泉町と、陸前高田市・大船渡市・住田町、宮城県栗原市・気仙沼市・登米市に発表される、地震情報/津波情報/気象警報・特別警報/土砂災害警戒情報/記録的短時間大雨情報/竜巻注意情報等を、合成音声により自動で速報します。

 

■対応時間は、平日…20:00~翌朝6:00、土曜・日曜…12:00~翌朝8:00 を予定していますが、災害発生予想時や、大地震・大雨の直後など、リスナーの皆さんが不安を感じがちな状況のときは、局アナウンサーがさらに詳しい情報をスタジオから放送します。

 

このほか、現在の番組編成では当面活用の予定はありませんが、「AI天気予報等自動オンエアシステム」も備えました。気象庁発表の最新情報を原稿化し、AI音声により全自動で放送するもので、ほかにも、任意に作成した原稿のナレーションを合成することもできます。

また、30か国以上の多言語に翻訳し放送することが可能です。これを応用しFMasmoでは、一関市在住の外国人市民の皆さんに対し生活・福祉分野等の幅広い情報を提供することを想定しています。

 

 

FMasmoは、東日本大震災後に被災県で初めて開局したコミュニティFMです。

地震・災害発生情報については、地域に根差した放送局として「深夜の震度1の地震でも不安を感じる人がいれば寄り添いたい」という思いと、地域に対しての責任感、地域愛を培っていく場ととらえ、365日24時間態勢でお伝えしています。

 

開局以来続けている弊社の取り組みと、変わらない市民の皆様に向けての思い。

今後はここに「よりスピーディーな情報提供」「外国人を含め、より多くの市民への情報提供」という価値が重なります。

新しく加わる心強い私たちの仲間、合成音声の“AIアナウンサー”も含め、

引き続き、FMasmoのスタッフをよろしくお願いいたします。

 

 

番組休止のお知らせ

FMasmoでは、2024年3月17日(日)、すべてのスタジオの放送機器の更新入替作業と、新規機材の導入工事を行います。

当日は、以下の番組制作を休止し、代替番組を放送しますのでご了承ください。

 

【休止番組】

■9:00⁻12:00 小山羊右MusicBurger

■12:00⁻13:00 Daily I Style  再放送

 

【代替番組】

J-WAVE制作番組の再送信とさせていだたきます。

■9:00⁻12:00 J-WAVE ACROSS THE SKY 出演:小川紗良

■12:00⁻13:00 J-WAVE  TDK VOICES FROM NIHONMONO 出演:中田英寿・笹木かおり

東日本大震災から13年特別番組 メッセージ募集のお知らせ 

2024年3月11日、東日本大震災から13年をむかえます。

一関市では、地震発生時刻の2時46分、サイレンの吹鳴が行われます。

今年も、FMasmoでは、特別番組をお送りします。

いま番組では、「ご近所との結びつき」をテーマにしたメッセージをお待ちしています。

 

〒021-0881 一関市大町4番29号FMあすも

Mail  795@fm-asmo.co.jp  FAX 0191-48-3364

いずれも、「震災から13年 特別番組」の係です。

 

 

東日本大震災の当時、私たちを支えたのは「人と人とのつながり」でした。

かろうじて命が助かった2011年。

少ない物資をお互い分けあい、生き繋ごうとする毎日が続きました。

お互いが安全に過ごせるよう、気を配り、声を掛け合いながら過ごしていました。

「人と人とのつながり」によって、安心感を得た私たち。

「人と人とのつながり」によって、復旧の足掛かりを見つけた私たち。

「人と人とのつながり」によって、もう一度、ふるさとを建て直そうとしてきた私たち。

 

これまで、FMあすもがこの時期にお送りしてきた特別番組では、

ラジオを通じ、命を守るために必要な「人と人とのつながり」について考えてきました。

 

今年は、年が明け間もなく、能登半島地震が発生。

わたしたちは、壊滅的な被害となった町を目の当たりにしました。

備えていても、間に合わなかったもの。

備えたくても、備えきれないこと。役立てるのが難しかったこと。

幾度となく災害を経験してきたはずのわたしたちですが、多くのことが浮き彫りとなり、

自然災害の前にあって、人が弱い存在であることを実感しました。

しかし、被災された方々のお声のなかには、

「身近な人に助けられた」「同じ町に暮らす仲間がいてくれたから乗り越えられた」

という声が多く聞かれました。

 

わたしたちが、自然がもたらす災害に向き合うとき。

道具や経験、知識の積み重ねは、もちろん大事ですが、

あなたやあなたの家族を「支えてくれる人」の存在。これは大きな力を生み出します。

今年3月11日の特別番組では、

「ご近所との結びつき」をテーマにメッセージをお待ちしています。

 

あなたのご近所さん。たとえば、おとなりさんやお向かいさんはどんな方ですか?

ふだんはどのようなお付き合いをなさっていますか?

あいさつは頻繁にしていますか? 地域の行事には参加されていますか?

あなたやご近所さんが何かで困っていたとき、助けたり、助けられたりしたことはありますか?

これから、何か起こった時に、お互いを支え合うほど親しくしていますか?

 

また、震災の時を思い返すとどうでしょうか?

食料や物資をわけてくれた。

こどもや高齢者のために、手助けをしてくれた。

ガソリンが無くて困っていたときに送り迎えしてもらって助かった。

不安な夜が明け、朝を迎えるたびに、ご近所さんが声を掛けてくれて心強かった。

 

あなたやあなたの家族を支えてくれる、一番身近で心強い存在となる「ご近所さん」について。

防災の視点ではなくでも結構です。普段のお付き合いについてお聞かせください。

番組の中でご紹介させていただきます。

 

また、この日は、一関市が制定した「となりきんじょ防災会議の日」でもあります。

震災後、全国では、さまざまな観点の「命を守る手段」が生み出されましたが、

私たちの町が選んだ防災手段は、「記憶を風化させないよう身近な人と話し合う」ということ。

 

ラジオを通じて、身近に暮らす皆さんと、あなたの「繋がり」を実感してください。

石川県から「能登半島地震に関してのお願い」※石川県HPより

石川県HPに掲載されている、みなさまへの呼びかけです。

 

能登方面への不要不急の移動は控えて!

義援物資は持ち込む前にご連絡を! ※個人からの義援物資は、受け付けていません。

人命救助、物資支援の優先のため、何卒ご理解・ご協力お願いいたします。

 


以下、石川県HPからのお願い事項をまとめました。

 

【義援物資について】

能登半島地震に係る災害義援物資については、

仕分け等の手間を考慮し、今の段階では「個人からの提供は受け付けない」こととなっています。

個人での支援は、義援金等についてご検討ください。

 

現在は、「企業・団体からのまとまった規模の義援物資」のご提供の申し出を受け付けています。

ご提供いただける企業・団体は、

①まず、石川県厚生政策課にご連絡(電子申請等)ください。

※現在、電話が大変混み合っているため、電子申請での受付にご協力をお願いします。

②ご提供いただける義援物資の内容を確認し、被災地のニーズをふまえ、ご連絡させていただきます。

[注意]

・現地への直接の搬入は、交通渋滞等により救命活動等の妨げとなる場合がありますので、くれぐれもご遠慮ください。

・搬入先については、石川県から連絡を基に、その搬入先まで義援物資の搬入をお願いします。

 

【ボランティアについて】

今回の地震で甚大な被害を受けた能登方面等、他の地域でのボランティア活動については、

多くの地域で未だ受け入れ態勢が整っていないことが想定されます。

この段階で、ボランティア有志の方々が駆け付けると、かえって迷惑になることがあります。

必ず、事前に石川県県民ボランティアセンターのホームページ等で受け入れ状況をご確認ください。

また、市役所・町役場・社会福祉協議会等には、電話でのお問い合わせは控えていただきますよう

お願いいたします。

 

 


能登半島地震に関する義援金のお知らせです。

 

一関市では、能登半島地震の義援金を受け付けています。

募金箱は、市役所本庁1階の総合案内、市役所各支所1階の市民福祉課窓口、

一関保健センター1階のこども家庭課窓口、市内8か所の図書館に設置されています。

受け付けした義援金は、日本赤十字社を通じて、被災地のみなさまの支援に使われます。

 

なお、日本赤十字社では、

ゆうちょ銀行や、一部金融機関からの振り込みによる義援金も受け付けています。

ゆうちょ銀行・郵便局では、窓口でのお振り込みの場合、振込手数料は免除されます。

ATMによる通常払込み、ゆうちょダイレクトをご利用の場合は、所定の振込手数料がかかります。

――振込先--

口座記号番号は 00150-7-325411

口座加入者名は 日赤令和6年能登半島地震災害義援金

 

このほか、銀行振り込みでも受け付けています。

対象となる銀行は、三井住友銀行 三菱UFJ銀行 みずほ銀行です。

振込先などくわしくは、日本赤十字社のホームページでご確認ください。

 

なお、過去には、日本赤十字社のウェブサイトに似せた「なりすましサイト」に誘導する事例が

確認されています。なりすましサイトにアクセスすると不正に個人情報を取得され

悪用される可能性があります。

日本赤十字社が義援金協力のお願いを直接メールで行うことはありません。

スマートフォンや携帯メールに、日本赤十字社からの義援金呼びかけのようなものが

書かれていた場合は、リンクURLに絶対にアクセスしないでください。

 

能登半島地震に関する義援金の受付のお知らせでした。

能登半島地震 義援金受付のお知らせ

能登半島地震に関する義援金のお知らせです。

 

一関市では、能登半島地震の義援金を受け付けています。

募金箱は、市役所本庁1階の総合案内、市役所各支所1階の市民福祉課窓口、

一関保健センター1階のこども家庭課窓口、市内8か所の図書館に設置されています。

受け付けした義援金は、日本赤十字社を通じて、被災地のみなさまの支援に使われます。

 

なお、「日本赤十字社」では、

ゆうちょ銀行や、一部金融機関からの振り込みによる義援金も受け付けています。

ゆうちょ銀行・郵便局では、窓口でのお振り込みの場合、振込手数料は免除されます。

ATMによる通常払込み、ゆうちょダイレクトをご利用の場合は、所定の振込手数料がかかります。

――振込先--

口座記号番号は 00150-7-325411

口座加入者名は 日赤令和6年能登半島地震災害義援金

 

このほか、銀行振り込みでも受け付けています。

対象となる銀行は、三井住友銀行 三菱UFJ銀行 みずほ銀行です。

振込先などくわしくは、日本赤十字社のホームページでご確認ください。

 

なお、過去には、日本赤十字社のウェブサイトに似せた「なりすましサイト」に誘導する事例が

確認されています。なりすましサイトにアクセスすると不正に個人情報を取得され

悪用される可能性があります。

日本赤十字社が義援金協力のお願いを直接メールで行うことはありません。

スマートフォンや携帯メールに、日本赤十字社からの義援金呼びかけのようなものが

書かれていた場合は、リンクURLに絶対にアクセスしないでください。

 

能登半島地震に関する義援金の受付のお知らせでした。

pagetop